男性と女性

コインパーキングを経営すれば将来安定できる

駐車場で資産運用する方法

マネー

立地で変わる2つの方法

土地活用で最も初期費用が少なくて簡単に運用できるのが駐車場経営です。駐車場経営にも月極駐車場にする場合と、コインパーキングのように時間貸しする方法があります。コインパーキングのメリットは狭い土地でも経営が成り立つという点です。例えば繁華街の近くに車1台分の土地があれば、コインパーキングを設置して経営できます。1台といっても繁華街が近いので、それなりの利用者があります。遊ばせておいて固定資産税を支払うよりは遙かにメリットがあります。比較的広い土地を持っていてコインパーキング経営をする場合は、2つの方式があります。1つは土地をコインパーキングの会社に貸して、その賃料を収入として得る方法です。この場合は設備を設置する費用がいらないので、自己資金がない場合に向いています。ただし収入は少なくなります。もう1つは自分でコインパーキングの経営を行う方法です。この場合は自己資金で設備投資をして、自分で管理運営を行います。大きな収益が見込めますが、管理運営を専門会社に委託するとその分の費用が必要になります。コインパーキングを自己資金で経営する場合の費用ですが、5台から10台ぐらいの規模では300万円ぐらいは必要になります。主に必要な設備としては精算機、工事費、施設費などがあります。その他にランニングコストとして警備や電話対応、光熱費、機械のメンテナンス費用なども必要になります。収益が少なくても安定しているのが土地を貸す方法ですが、繁華街など立地条件が良ければ自分で経営した方が大きな利益が得られます。

駐車場

不動産投資の準備

コインパーキング経営は不動産投資の中でももっとも手軽に始めることができるものですが、一方で自前でコインパーキングを行うには何かと費用が掛かります。このためチェーン店に貸し出してコインパーキング経営を行うといった方法が一般的です。

財布

収益に影響するのが立地

コインパーキング経営では土地の選定が重要となります。車や人通りが常にあり、駐車スペースが常に不足している地域であること、適度な道路の幅で利用者が入りやすく、駐車しやすいスペースが確保されている場所であることが大切です。

男の人と女の人

駐車場で資産を作る方法

土地を持っている人が手軽に行えるのが駐車場経営です。狭い土地でもコインパーキングなら営業可能です。自分で管理運営するか、専門会社に任せるかを決めます。台数が多い場合は専門会社に委託します。準備金が少ない時は設備工事から運営までの全てを委託します。この場合は土地の賃料だけを得ることができます。